メインコンテンツに移動

ニュースを読む「追悼 赤瀬川隼」

公開日:2015年2月7日

ニュースを読む「追悼 赤瀬川隼」の様子です。 直木賞作家の赤瀬川隼(あかせがわ・しゅん)さんが1月26日に亡くなりました。83歳でした。

昭和57年にデビュー作『球は転々宇宙間』で吉川英治文学賞を受賞。平成7年に『白球残映』で直木賞を受賞し、2014年に亡くなった弟・赤瀬川原平(あかせがわ・げんぺい)さんと、兄弟初の直木・芥川賞受賞を果たしました。

赤瀬川隼さんを追悼して、著書をご紹介します。

蔵書検索で所蔵一覧を見る

書名 著者名 出版者 出版年 請求記号
球は転々宇宙間 赤瀬川 隼‖著 文芸春秋 1982 /A 32
潮もかなひぬ 赤瀬川 隼‖著 文芸春秋 1985.6 /A 32
ブラック・ジャパン 赤瀬川 隼‖著 新潮社 1985.09 /A 32
梶川一行の犯罪 赤瀬川 隼‖著 文芸春秋 1987.08 /A 32
王国燃ゆ 赤瀬川 隼‖著 講談社 1987.08 /A 32
幻影の街 赤瀬川/隼‖著 集英社 1989.2 /A 32
朝焼けの賦 赤瀬川/隼‖著 講談社 1992.6 /A32
白球残映 赤瀬川/隼‖著 文芸春秋 1995.5 /A 32
みんなで一人旅 赤瀬川/隼‖著 文芸春秋 1996.7 /A 32
映画館を出ると焼跡だった 赤瀬川 隼‖著 草思社 1982.6 778/L 2
野球の匂いと音がする 赤瀬川/隼‖著 筑摩書房 1990.4 783.7/M 0
人は道草を食って生きる 赤瀬川/隼‖著 主婦の友社 2001.5 914.6/N 1

このページの先頭に戻る