メインコンテンツに移動

ニュースを読む「山口県を舞台にした小説―作家 久木綾子を追悼して―」

ニュースを読む「山口県を舞台にした小説―作家 久木綾子を追悼して―」の様子です。

公開日:2020年7月18日、更新日:2020年7月30日

作家の久木綾子(ひさぎ・あやこ)さんが、7月13日に亡くなりました。100歳でした。

1919年(大正8年)東京都生まれ。2008年(平成20年)、89歳の時に「見残しの塔 周防国五重塔縁起」で作家デビューしました。

久木綾子さんを追悼して、「見残しの塔」のように山口県を舞台にした小説をご紹介します。

展示資料

『虹を織る 上』
秋田 佐知子∥著,日本放送出版協会,1980.10,当館請求記号:/A 37
『虹を織る 下』
秋田 佐知子∥著,日本放送出版協会,1981.1,当館請求記号:/A 37
『四日間の奇蹟』
浅倉/卓弥‖著,宝島社,2003.1,当館請求記号:/A 85
『外郎の家』
福田/百合子‖著,毎日新聞社,1987.3,当館請求記号:Y/F 74
『漂泊者のアリア』
古川/薫∥著,文芸春秋,1990.10,当館請求記号:/F 93
『もう誘拐なんてしない』
東川/篤哉‖著,文藝春秋,2008.1,当館請求記号:/H 55
『見残しの塔』
久木/綾子∥著,新宿書房,2008.9,当館請求記号:/H 76
『機関車先生』
伊集院/静∥著,講談社,1994.06,当館請求記号:/I 29
『花の下にて春死なむ』
北森/鴻∥著,講談社,1998.11,当館請求記号:/KI67
『ズッコケ三人組のミステリーツアー』
那須 正幹∥作,ポプラ社,1994.07,当館請求記号:Y/N 56
『萩・津和野・山口殺人ライン』
西村/京太郎‖著,徳間書店,2014.3,当館請求記号:Y/N 84
『下関仙崎・愛と殺意の港』
大谷/羊太郎∥著,有楽出版社,2005.12,当館請求記号:Y/O 84
『萩の雨』
連城/三紀彦‖著,講談社,1989.10,当館請求記号:/R 27
『少女には向かない職業』
桜庭/一樹‖著,東京創元社,2005.9,当館請求記号:/Sa46
『チルソクの夏』
佐々部/清∥脚本,幻冬舎,2004.4,当館請求記号:Y/Sa 71
『花神』
司馬/遼太郎∥著,新潮社,1993.11,当館請求記号:Y/SH15
『熱球』
重松/清‖著,徳間書店,2002.3,当館請求記号:/SH28
『ほたるの星』
宗田/理∥[著],角川書店,2004.1,当館請求記号:Y/So 15
『マイマイ新子』
高樹/のぶ子‖著,筑摩書房,2017.6,当館請求記号:Y/Ta29
『つぶやく骨…秋吉台殺人事件』
田中/光二∥著,有楽出版社,2002.07,当館請求記号:Y/TA84
『共喰い』
田中/慎弥‖著,集英社,2012.1,当館請求記号:Y/Ta84
『耳なし芳一からの手紙』
内田/康夫∥著,実業之日本社,2001.11,当館請求記号:/U 14
『汚れちまった道』
内田/康夫‖著,祥伝社,2012.10,当館請求記号:Y/U 14
『おはん』
宇野 千代∥著,中央公論社,1992.06,当館請求記号:Y/U 77
『萩・津和野殺人事件』
山口/香∥著,天山出版,1990.4,当館請求記号:Y/Y 24
『京都・山口殺人旅行』
山村/美紗∥著,徳間書店,2003.08,当館請求記号:Y/Y 32
『悪名残すとも』
吉川/永青‖著,KADOKAWA,2015.12,当館請求記号:Y/Y 89

このページの先頭に戻る