メインコンテンツに移動

夏のビブリオバトル in 県立図書館を実施しました

夏のビブリオバトルの様子平成27年8月23日(日曜日)に、「夏のビブリオバトル in 県立図書館」を実施しました。当館では、昨年12月に引き続き、2回目の開催となります。

当日の様子

当日は、24名の方にご参加いただき、5名の発表者が、“幕末・維新”にちなんだ本をテーマに発表しました。

発表者の写真その1です。発表者の写真その2です。発表者の写真その3です。発表者の写真その4です。発表者の写真その5です。

今回、チャンプ本に選ばれたのは、『遥かなり三宅島 吉田松陰「留魂録」外伝』でした。

参加された方からは「発表者の5人が、発表の仕方、本への思いについて各々個性的で、面白かったです。」「自分の知らない本が知られて楽しかったです。また参加してみたいです。」といったお声をいただきました。

ご参加ありがとうございました。

今回のチャンプ本

『遥かなり三宅島 吉田松陰「留魂録」外伝』(永富明郎、東洋図書出版、2012)

その他紹介された本